インドネシア人学生による感動の日本語ミュージカル
劇団en塾 2020来日ファイナル公演「姫とオロチと忍者の学校」


インドネシアで日本語を学ぶ学生たちを中心に構成されるミュージカル劇団en塾。
2015年から毎年、桜の時期に来日し日本各地でオリジナル作品を上演してきましたが、
いよいよ2020年が日本でのファイナル公演となります。
日本語によるセリフと歌の完成度の高さ、そして学生たちの手による舞台美術や衣装の数々。
ご覧になった方の多くが涙する感動の舞台を、日本で鑑賞できる最後のチャンスです。
東京と仙台で行われるファイナル公演を、どうぞお見逃しなく!

※協賛金も受付けております。詳しくは各実行委員会または国際人流振興協会までお問合せください。

en2019

【東京公演】2020年4月3日(金) 開場18:00 開演18:30

江戸川区総合文化センター 小ホール
(チケット購入・お問合せ)東京公演実行委員会03-5283-8188
WEB予約 こりっち QR1



【東北公演】2020年4月7日(火) 開場18:00 開演18:30

日立システムズホール仙台 シアターホール
(チケット購入・お問合せ)東北公演実行委員会022-398-4799

★チケット料金(全席自由):一般2,000円  学生1,500円  小学生1,000円

【主催】劇団en塾東京公演実行委員会、劇団en塾東北公演実行委員会、
    一般社団法人国際人流振興協会
【協賛】ミッドプラザホールディング、KAWANOグループ、三菱自動車工業株式会社、
    河合楽器、Adachi学園グループほか
【協力】ariTV株式会社、伊賀之忍者衆、羅威堂、ジャカルタコミュニケーションクラブほか